MRG工法

弊社で採用しておりますMRG(資源循環型土質改良工法)工法は、MRG工法協会(産学官の連携)で「環境にやさしい土質改良」の最大化を目標に開発された新発想の土質改良工法です。MRG工法は土のリサイクルが出来るよう施工中、施工後、そして未来にも、安全、安心に循環型社会に対応出来ているかを目指し開発されました。

MPRG工法のしくみ

MPRG工法の特長

【廃石膏粉の有効利用】処理困難な廃棄物「廃石膏粉」の有益で安全な再資源化技術。
【固化材使用量の低減】従来の土質改良工法と比べ、廃石膏粉を固化補助材と使用するので、固化材の使用量を低減でき、コスト削減を実現。
【粉塵被害の抑制】混合は移動式土質改良機を使用するので、周辺への飛散が無く、高価な粉塵抑制型固化材使用の必要性がありません。
【移動式土質改良機の弱点を克服】 移動式土質改良機を使用した土質改良工法の処理量の安定・増加技術。

MRG 工法の使用は、産業廃棄物である「廃石膏粉」を使用しており、誤った使用方法をすると大変に危険なため、MRG 工法協会員以外の使用は一切許可しておりません。

MPRG工法のリサイクルシステム

MRG工法 リサイクルシステムイメージ

【MPRG工法】工事風景|オプション機械
【工事風景】MRG 工法移動式土質改良機2 台使用 環境負荷低減 オプション機械
1.発生土投入 2.固化材混合(廃石膏粉 3.固化材混合(生石灰) 4. 完了 移動式スクリーン 自走式サイロ
MPRG工法の検討・施工フロー